Top > せかすような禁句を言うと中学受験が辛くなる

せかすような禁句を言うと中学受験が辛くなる

人生の大舞台でもある中学受験を控えている子供に対して、言ってはならない禁句というものがあります。せっかく美味しい夕食を食べたすぐ後に、「早く食べて勉強しなさい!」と言ってはいけません。いつもそう言われていては、美味しい夕食を食べる事が辛くなってしまいます。夕食や食事を美味しく食べれなければ、ストレスが溜まってしまって勉強に集中する事が出来なくなってしまうのです。

中学受験を控えている子供に対しての禁句は、「頑張って!」という言葉です。物凄くプレッシャーを感じますし、勉強が重荷になってくるのです。「あともう少しで終わるし、終われば自由になれる。」というような言葉を言われれば、なんとなくノルマを押し付けられているような感じになります。中学受験が何か辛いものになり、親の為に勉強しているかのようにも感じてしまいます。

自分の将来の事なのに、あまり親が上から言葉をかけすぎては勉強しずらくなってしまうのです。
もっと遠まわしに、子供が楽しく勉強できるような言葉をかけてあげる事が肝心なのです。
中学入試の秘訣について詳しく知りたい場合はここのサイトに書かれています。

関連エントリー